Basic Policy令和3年度 基本方針

令和3年度 基本方針

 私たち鹿児島県栄養士会は、新型コロナウイルス感染拡大によって社会のあらゆる側面が難しい対応を迫られている今だからこそ、公益社団法人として「食事・栄養」に関する専門的で高度な知識と技術をもって、鹿児島県民の健康増進、福祉の向上、公衆衛生の向上にいっそう尽力する。また、管理栄養士・栄養士の社会的なはたらきを具現するために「鹿児島県栄養士会栄養ケアステーション」を整備し起動する。

 鹿児島県が目指している「心豊かに生涯を送れる健康長寿県の創造」(健康かごしま21)を達成するためには、「低栄養傾向の高齢者の増加」や「糖尿病治療継続者の割合の減少」、「脂質代謝異常症有病者の増加」等の現状に対して、健康増進および重症化を予防するための個人に合わせた情報の提供と栄養相談、切れ間のない医療・福祉との連携が必要である。本会においては、地域包括ケアシステムの一助となるために、鹿児島県の「ロコモ・フレイル予防事業」や市町村の「地域ケア会議」に協力する。

 また、鹿児島県保健医療計画の方針「県民が健康で長生きでき,安心して医療を受けられる,みんなが元気な鹿児島」を実現するために、鹿児島県、市町村、医療機関、福祉施設などからの様々な要請に応える。特に、令和3年度は介護報酬改定に従い、管理栄養士・栄養士の高齢者施設などへの配置促進に尽力する。

 さらに、「県民公開講座」および「管理栄養士によるクッキング講座」「スポーツ栄養セミナー」を開催し、県民の疾病予防・健康増進に貢献する。「栄養110番」では県民からの電話による栄養相談を実施し、「歯と口の健康週間」「小児糖尿病サマーキャンプ」「市民健康まつり」「全国糖尿病週間事業」などの健康・栄養関連事業や食育活動に参加・協力する。

 研修会及び生涯教育を複数回開催し、管理栄養士・栄養士の資質の向上を図る。臨床栄養分野では、多職種との合同研修会を開催し「栄養情報」の共有と連携のあり方を研究する。

 垂水市で実施されている高齢者コホート研究に協力し、高齢者の健康と食事の関係を明らかにし、地域に適した栄養改善策についての研究を継続する。

 また、鹿児島県の「総合防災訓練」や鹿児島市の「桜島火山爆発総合防災訓練」にJDA-DAT鹿児島として参加し、「特殊栄養食品ステーション」機能の周知と災害食の啓発活動などを行うと共に,大規模災害時対応マニュアルの整備に向けて鹿児島県と協議を始める。

PAGE TOP